DON☆ぐり組の瓦版

チームどんぐりNEWS


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はマロンの体ともお別れ。
冷たくなってしまったけど、まだマロンを感じる事ができる。
あと数時間したらマロンの体に触れるとこすらできなくなく。

まだ、マロンにしてあげれる事がある。
しておきたい事がある。

朝から紙粘土を買いに出かけた。
まみまみがお別れに来てくれてた。

午後、紙粘土でマロンの肉球の型をとった。

マロンが寝ているカドラーに花を飾って送りだそうと思っていたけど、
カドラーだとお花があまり飾れない。
丁度、ペットシートが宅配で届いていた段ボールがあった。
段ボールじゃ・・・
そうだ、段ボールを綺麗に加工して、マロンらしく、私達らしくしよう。

ボスパパと装飾用品を買いに行って、ボスパパがマロンの旅立ちのベットを綺麗に飾ってくれた。
段ボールがへなへなになるんじゃないかと心配する程、ボタボタ涙を流しながら。

綺麗に装飾したベットにカドラーを入れてマロンを寝かせて、皆でお別れしながら
家に咲いている紫陽花と頂いた、お花でマロンがお花畑で寝ているみたいになった。

いよいよ、お別れ。
私達の手で送りだす。
どんなに泣いたって涙があふれて止まらない。
プリ面ぐるみに、マロンここにおいでと
「マロンありがとね。大好きだよ。マロン、マロン」
行かないでとか、悔しいとか、後悔とかは感じなかった。
何故かは後で。

1時間ほど、煙突を眺めていた。ちゃんと見送らないと。
マロンはもたもた、まごまごしているから
ちゃんと虹の橋にたどり着くように見守らないと。

変わり果てたマロンにあった。
係りの人から、この子は頑張りましたね。と言われた。
骨が軽いらしい。でも骨格はしっかりしていましたね。歯磨きもされて可愛がられていたのが分かります。
歯茎が綺麗な状態らしい。
喉仏も本当に仏さまの形のまま残っていた。
頭も綺麗な状態だったから、骨壺は小型犬の物だと崩して入れなくては入らないので
サイズを大きくして綺麗な形のまま納めてもらった。

なぜかは、下の写真を見ると分かります。
でも、苦手な方もいると思うので注意です。















KIMG0295.jpg

ね、ボスパパに飾って貰った場所で嬉しそうに笑ってみえるでしょ


KIMG0300.jpg

お花に囲まれて、気持ちよさそうに寝てるでしょ
スポンサーサイト

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。