DON☆ぐり組の瓦版

チームどんぐりNEWS


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 仲良くしてくださっていた、お友達が次々と旅だって行く度に
遠くない未来に私も別れの時を迎えると、大丈夫か?私。
その時になる前に何冊か本を読んでいた。

 ワンさんはこの世に来るとき、使命があって降りてくる場所を選んで来る。
マロンはどんな使命があるのだろうか?とずっと考えていた。
そして私達を選んでくれたんだ。

使命を果たしたら天に戻っていく。
使命ってなんだったんだろう。
マロンが来てくれてから今までの幸せは全てマロンから始まっている。
始まりの子ではあるけど。

旅立ち方はその子が決める
家族に旅立ちを見せたくない子は留守中に
苦しんで苦しんで、それでも傍にいたいんだよと伝えて行く子
行った後の体を見せたくない子
それぞれが、その子なりの旅立ち方をする。


マロンはあの日に行くと決めていたんじゃないかな?
丁度良くが沢山あった。
たまたま私が休みだった。
あと少し、家にいる時間があった。
パパが帰ってきやすい日だった。
金曜日だから土日は家族が揃っている。
土日とも通院日とトリミングの日で、どんぐり達の為に空けていた。
通院日の前だったので薬も2回分を残して飲み切っていた。
ペットシートの大きい段ボールもたまたまあったし、フードも配達させた日だったから
おやつも封をあけてないのがあって、お供えに丁度使えた。
よく考えると全てが整っていた。

病院の先生が「頑張った、生命力の強い子だった」と
そう、たぶん8月の急変の時に旅立ってもおかしくなかったのだと思いました。
マロンがその後、頑張って頑張って10か月頑張ったのは
多分、少しづつ私達にホントの覚悟をさせたかったから
少しづつ弱っていく姿を見せていたと思います。
8月に旅だってしまったら、きっと、もっともっと辛かった。
10か月間、出来るだけのことをしながら受け入れる準備が出来ました。

もう一つは、頑張っている姿を家族に見せてくれたことが
使命であるメッセージなんじゃないかと思ってきました。
「俺がこんなに頑張ったんだから皆も頑張れよ」と言いたかったんじゃないかな。
だから、私達がこちらでマロンを自慢するように
マロンもあちらでお友達に「俺の家族っていいでしょう」と自慢できる家族になれるように
頑張るから、また会えたら「頑張ったね」っていってもらえるように
歩き出しそう。
天使になったマロンからいつも見られていると思うと頑張るしかないもんね。

md1sa.jpg

でもでも、マロ~~~ン、会いたいよ、抱っこしたいよ。
スポンサーサイト

コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。